大公開!育休明け教員時代の一日のスケジュール 所沢 整理収納

ママたちをラクすっきりにする元小学校教師の整理収納アドバイザー、Sukkiri-Style 村田美智子です。

学校現場への復帰が近くなってきた育休教員ママからの質問で多いのが、一日のタイムスケジュールについてです。

今日は、私の教員時代の2回目育休明けの一日のスケジュールを書いてみます。

6年前の記憶なので厳密ではないかもしれませんが、部分的にでもどなたかの参考になれば幸いです。

 

前提条件

私:復帰と同時に異動 小2の学級担任 定時8:25~16:55 車通勤(通勤時間30分)
夫:会社員 フルタイム 定時9:00~17:50 残業有 電車通勤(通勤時間1時間30分)

長男:保育園年長
長女:保育園1歳児クラス

夫の通勤時間の関係で、保育園の送り迎えは私が担当。

私は、育休復帰と同時に前任校が統廃合で無くなったため、異動となりました(前任校が2つに分かれたうちの1校に異動)。
異動先で担当した校務分掌(教科主任)で、市教研の部長が大当たり!対外的な仕事が多く、育休明けの私には、負担がとても大きかったです。
また、統廃合直後ということで、知っている児童や教員も多かった半面、児童への個別配慮や様々な決め事に時間をかける必要がありました。
そのため定時で上がれることは皆無。
保育園のお迎えに間に合う時間ギリギリまで学校で仕事をする日々でした。

育休明け教員の一日のタイムスケジュール

タイムスケジュール

私が保育園の送り迎えも担当し、持ち帰りの仕事もあるため、平日の分担は子どもに関することと料理は私、それ以外の家事はできるだけ夫という役割にしていました。

また、夜は持ち帰りの仕事が気になりつつも、子どもを寝かしつけながら寝落ちしてしまうため、「子どもと一緒に寝て早起きして仕事をする」と割り切り、少ないながらも睡眠時間を確保することにしました。

3時30分   私、起床(持ち帰りの仕事量によって多少前後する)。
3時30分
 ~5時30分 仕事&自分時間
5時30分   朝食準備と夕食下ごしらえ
                  夫、起床。夫、洗濯物を干す。
6時15分   子どもたち起床。揃って朝食。
       夫は朝食終わり次第皿洗い。
       私は子どもたちの身支度、保育園の用意
7時00分   夫、出勤
7時15分     子どもたちを連れて保育園へ出発(保育園の滞在時間10分程度)

8時00分   学校着

8時25分
 ~16時55分 勤務(授業・会議・保護者対応・校務分掌 等)
(~18時15分 残業:授業準備、作品の添削、教育委員会へ文書提出 等)

18時30分   保育園お迎え

18時45分   帰宅(生徒指導上必要な時は、勤務時間に連絡のつかなかった保護者に電話することも)
      洗濯物を取り込む
19時15分  夕食(朝作った物や生協の半調理品を温める、朝用意できなかった時は外食の場合も)
        終わり次第 保育園ノート記入、皿洗い
20時00分    お風呂
21時00分    3人で就寝
22時以降   夫、帰宅。入浴後、洗濯の予約セット。取り込んである洗濯物をたたむ。
24時 ?   夫、就寝。 私は既に夢の中zzz

上記はうまくいった場合で、大概は押せ押せでした。

どうしてもお迎えに間に合わない日は、市内に住む両親にお願いしたり、保育園に20時までの延長をお願いしたりしていました。

 

家事について

掃除

平日の掃除は諦めました。
布団も万年床(笑)。

週末に布団を干し、家中の掃除機をかけていました。

また、12月は大掃除の時期と成績処理の時期が重なるため、大掃除をするのをやめました。
そのかわり、掃除の年間計画表をつくり、毎月どこかしらのプチ大掃除をすることに。
このプチ大掃除も、週末を利用してやるようにしていました。

洗濯

保育園に行くと洗濯物は多いので毎日洗濯していました。
お風呂の残り湯を利用するため、遅く帰宅する夫が入浴を済ませた後、予約セットをするのは夫の役目でした。
ただ、保育園で使用したエプロンには食べかす、服には泥汚れがついていることが多く、予洗いは必須。
予洗いは、私が帰宅後~就寝までの間に済ませるようにしていました。
また、我が家の洗濯機は縦型の乾燥機なし。
よって、干す手間が必要でした(主に夫の分担)。
雨が降っても気にならないよう、ベランダには屋根を付け、2回目の復帰に合わせて1階にサンルームを増設しました。
サンルームの設置により、洗濯動線がすべて1階で完結するため、スムーズになりました。

食器洗い

 キッチンの収納スペースが狭くなることを恐れて、食洗機をつけずに手洗いで乗り切りましたが、今から思うと食洗機をつければだいぶ時短になったかも!?と思っています。

 

朝食ワンプレート

まとめ

平日は、だいぶ諦めた(やらないと決めた)ことが多いです。

特に育休期間が長かった方は、育休中と同じように掃除や料理などを完璧にやろうとすると途端につらくなると思います。
手を抜くところと抜きたくないところのメリハリをつけて、省けるものは「やらない」という選択も大変重要です。
育休中から、優先順位を考えておくといいですね。

このタイムスケジュールは、育児短時間勤務の取得の有無、通勤時間、配偶者の仕事の状況(どこまで分担できるか)、実家のサポートの可否、保育園の場所 等、様々な状況によって当然ながら変わってきます。

100軒あれば100通りのタイムスケジュールがつくれるわけです。

 

11月開講の「育休教員のための仕事復帰準備セミナー」では、このタイムスケジュールを作成し、実際に育休中にシミュレーションするというワークも入っています。

過去の受講生も、「子どもが3人」「学童(小学生)と保育園」「夫の不規則勤務に合わせて3パターンのタイムスケジュールを用意」など、ご自身の様々な状況に応じて備えて復帰をされました。

興味のある方はこちらもご覧ください。

「育休教員のための仕事復帰準備セミナー」についてのページを見る

コメントを残す