おもちゃの空き箱、とっておく?捨てる?

クリスマスが終わって後に残るのは・・・

クリスマスが終わり、一気に年末モードですね。

子どもたちはサンタさんからのプレゼントがやってきて大喜び!

ですが、紙袋、リボン、包装紙、空箱・・・と、大人は後処理に頭が痛いもの。

 

中でも今日は、場所を取る「おもちゃの空き箱」について考えていきたいと思います。

収納スペースの大部分をおもちゃの空き箱が占めているというのは、お片付けサポートでよく見る光景です。

 

おもちゃの空き箱、とっておく?捨てる?

皆さんのお宅ではどうされていますか?

 

 

 

とっておいた方がいいのはどんな場合?

箱に入れた方がしまいやすい

箱に入れた方がしまいやすく使いやすい場合は、そのまま箱を収納用品として残すこともあるでしょう。

我が家では、こちらのリカちゃんセットは娘の希望で箱に入れてしまっています。

リカちゃんおしゃべりスマートハウス

このセットを折りたたんで、箱に入れています。

リカちゃんゆったりさん

ただ、ほとんどの場合、元々入っていた箱に入れると、子どもにとっては使いにくいことの方が多いです。

その場合は、別の方法でより使いやすくなるように、お子さんと一緒に収納方法を工夫してみてください。

無印の引き出しでレゴ収納

くれぐれも、「箱を捨てるのがもったいないから、無理やり収納用品として残す」というのはやめましょう

 

元々入っていた箱にしまった方がいいのは、「箱に入れた方がしまいやすく、使いやすい」場合です。

 

売る・譲る時期が具体的に決まっている

一定期間だけ使用した後、誰かに「売る」「譲る」予定が具体的にいつと決まっていて、それが近い将来であれば、箱を残しておいてもよいでしょう。

箱や説明書付きの方が高く売れるし、発送する時も便利です。

その場合も、そのままとっておくのではなく、折りたたんでコンパクトにすることをおススメします。

ただし、おもちゃの場合、結構長い間楽しむことの方が多いですよね。

たとえたたんでとっておくとしても、「期間+しまっておくスペース」との兼ね合いで考えられると良いでしょう。

 

一部分だけとっておくという方法も

また、箱が説明書がわりになっているものもありますね。

これを見ながら子どもが遊ぶ、あるいは故障した時に見るのに必要であれば、その部分だけを切り取って保管しておくという方法も。

 

おもちゃの空き箱

着せ替えのバリエーションを見ながら遊ぶためなら、箱全部は要りませんね。

あくまでも、必要なのは「箱」ではなく、箱に載っている「情報」です。

切り取れば、おもちゃと一緒に収納でき、遊びに生かすこともできます(押し入れに押し込まれたままの箱よりいいですね)。

 

まとめ

①箱をそのままとっておくのは、箱自体がきちんと役目を果たす場合のみ。

②近い将来確実に箱が必要となる場合も、そのままではなく折りたたんでコンパクトにとっておく。

③箱に載っている「情報」が必要な場合は、切り取るなどして「平面」でとっておく。

④それ以外は、基本処分!
いつ来るかわからない未来のためではなく、今の生活しやすさを優先しよう。

 

 

一人ではなかなか判断できないという方は、一緒にサポートいたします。

訪問お片付けサポートはこちら

オンラインお片付けサポートはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す