我が家のホームファイリング⑤~用品編~

埼玉県所沢市、ママたちをラクすっきりにする 元小学校教師の整理収納アドバイザー
Sukkiri-Style 村田美智子です。

 

長野ゆか先生のホームファイリング上級・個人レッスンの感想とともに、我が家のホームファイリング完成までの軌跡を、振り返っています。

我が家のホームファイリング①~導入・ビフォー編
我が家のホームファイリング②~整理編~
我が家のホームファイリング③~分類編~
我が家のホームファイリング④~管理編~

に続き、今日は5回目「用品編」です。

 

今回のホームファイリングで使った用品をご紹介していきます。

ファイルボックス

私がこれまで主に使っていたのは、無印良品のポリプロピレンファイルボックス。

ホームファイリング途中経過

写真は途中経過のもの

 

無印ポリプロピレンファイルボックス

このファイルボックスは、幅が10㎝のものと、15㎝のもの(ワイド)があるのですが、これまでの私は、大は小を兼ねると思って迷わずワイドを選んでいました。

 

しかし、これだと重い!

書類を入れたらかなりの重さになります。

 

そこで、今回総入れ替えすることにしました。

 

私が採用したのはこちら。

無印発砲ポリプロピレンファイルボックス

同じく、無印良品のものではありますが、発砲ポリプロピレンファイルボックス。

■メリット1:価格

こちらのファイルボックスは、3枚で1290円(税込み)。

もちろん、100均にはかなわないものの(笑)、同じ10㎝の幅のポリプロピレンファイルボックスの約2/3のお値段です。

無印良品 発泡ポリプロピレンファイルボックス

 

■メリット2:持ち運びが便利

このファイルボックスの大きな特徴は、折りたたみができるということ。

無印良品で買い物すると、荷物のかさばりがすごくなりますが、この商品なら持ち運びもラクラク♪

重さも軽い!

また、持ち手の穴があるのも特徴の一つ。

購入時だけでなく、家の中でも、持ち運びしやすいです。

 

■デメリット1:たわみ

あえてデメリットも挙げておくと・・・

折りたためるだけあって、最初の状態はこのようにたわんでいます。

無印良品 発泡ポリプロピレンファイルボックス

個人的には、書類を入れてしまえば、あまり気になりません。

が、完全には直角にならないので、そこを気にするかどうかは個人によるかなと思います。

 

■デメリット2:突起

これも、気になるかどうかは個人によると思いますが、組み立てるために必要な突起部分。

ホームファイリング

 

はい。私は気になりませんので採用!(笑)

 

見出しガイド

ボックスの中をさらに分類するための見出しガイド。

見出しガイド

イトーキのものを使っています。

こちらの見出しガイドは、購入時にサイズを間違えやすいので注意が必要です。

私は、上級レッスンの先輩 青山順子さんの記事を参考にさせていただきました。

 

ラベル

ボックスの外側に貼るラベルは、宮成製作所さんのLABEL PLATEにしました。

テプラを直接貼ってもよかったのですが、せっかくなので、最後の仕上げはちょっとこだわることに。

ホームファイリング

 

うん、やっぱり、かわいくスッキリ♡

 

完成画像を、長野先生に送って、合格をいただきました!!!

2018年10月からスタートしたホームファイリング上級・個人レッスン、2019年1月、無事に卒業です!

 

次回は、最終回。

「我が家のホームファイリング⑥~ビフォーアフター編~」をお届けします。

コメントを残す